アンチエイジングで気をつける3つのポイント

人間は誰もが年を取ります。これはどうしようもないことですが、誰もが同じように老化してしまうのかというとそうではありません。

加齢とともに進む肌の老化を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。アンチエイジングを実現するためのとっておきの方法をお教えしましょう。

ここでは3種類の有効な方法をご紹介します。キーワードは「食事」「運動」「睡眠」です。

食事に気を付けましょう!

アンチエイジングを目指すうえで食事は大きなウェートを占めています。

さらにここでのキーワードとして「抗酸化作用」が挙げられます。

文字通り、体が酸化することを防ぐことがアンチエイジングの実現に向けて重要になってきます。

抗酸化作用がある食べ物は、食物繊維をたくさん含んでいる「バナナ」をはじめ、「にんにく」「大豆」「ブロッコリー」「キャベツ」「ケール」などです。

「バナナ」は特におすすめです。バナナを1本食べれば一日に必要な食物繊維の量がまかなえます。

また、カロチンが豊富に含まれている「かぼちゃ」「にんじん」などの緑黄色野菜もおすすめできます。

これらの食べ物を日頃の食事に意識して取り入れてみてください。

運動もアンチエイジングに有効!

運動不足も老化の原因の一つです。筋力の低下や心肺機能の低下は老化を加速させます。これを防ぐためにぜひとも運動を習慣として取り入れていただきたいです。

運動には、有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。この2つをバランスよく取り入れることが重要です。

有酸素運動

・負担が少ない
・ウォーキングなど
・長時間継続して行える
・心肺能力を鍛えて、新陳代謝を高める

無酸素運動

・負担が大きい
・腹筋、短距離走など
・短時間に集中して行う
・筋力を高めて、基礎代謝を高める

「ウォーキング」や「ジョギング」などの有酸素運動と、筋力トレーニングなどの無酸素運動を一日おきに実行するなど、継続できる方法を工夫してみてください。

質の良い睡眠はすべての源です!

「食事」と「運動」をしっかり実行して、最後が肝心の「睡眠」です。

アンチエイジングも大事なのですが「健康」であることがすべての基礎になってきますので、「睡眠」をおざなりにしないでいただきたいと思います。

特に、夜10時から深夜2時(「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯)は、成長ホルモンの分泌がもっとも多い時間帯ですので、質の良い睡眠になります。

運動によって疲労がたまった肉体の回復も、肌をいい状態に保つのには重要です。運動をすることによって体にたまった疲れが残ってしまったら逆効果です。

また、十分な睡眠を取るのには緊張状態では難しいので、音楽などでリラックスした環境を整えることもあわせて試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする