高血圧の原因と対策を解説します

高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれるくらいに自覚症状がないまま「動脈硬化」や「心臓病」などの体調不良を招くとして気をつける必要があります。

日本では4000万人以上が該当するといわれており、決して他人事とはいえない高血圧の原因と対策を解説していきます。

高血圧の原因とは

高血圧とは日本高血圧学会では収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上のものをいいます。

そんな高血圧の原因として代表的なものとしては、

・飲酒
・喫煙
・高塩分の食事
・ストレス
・睡眠不足
・遺伝
・運動不足
・肥満

などが挙げられます。

これらの原因を見てもらうとわかると思いますが、高血圧を引き起こすといわれている原因の多くは普段の生活習慣が大きく関わってくるんです。

なのでまずは高血圧の代表的な原因を知る事で日常生活に気をつける事が高血圧対策になります。

高血圧の対策

1:食事

塩分の高い食事を摂ると身体は水分を多く取り入れる事により体内血流が増えて高血圧につながります。

2015年に厚生労働省が発表した「1日あたりのナトリウム(食塩相当量)の摂取目標」は男性が8g未満、女性が7.5gです。

しかし実際の日本人が1日に摂取する平均塩分量は10.7gだといわれており、摂取目標を約3gも超えています。

ちなみに欧米諸国の1日平均塩分摂取量は9gだといわれており、日本人は元々、塩分が多い食事を摂りがちなんですね。

なので普段の食事から高塩分のものを控えるようにする事が高血圧対策になります。

また高塩分のものを控える以外にも摂取した塩分を排出する効果を促す食べ物を同時に摂る事でより高血圧対策にもつながります。

塩分を排出する成分として代表的なものに「カリウム」があり、このカリウムは過剰な塩分を尿として体外に排出するのを促します。

カリウムを豊富に含む食べ物としては

・モロヘイヤ
・バナナ
・アボガド

などがありますのでぜひ、普段の食事から取り入れるようにしてみてください。

2:運動

運動をする事により利尿作用が活発化して体外に塩分を排出されて高血圧対策になります。

高血圧対策の運動としてはまずは1日30分程度・週3,4回程度のウォーキングから始めてみる事をおすすめします。

他にもサイクリングや水泳などの有酸素運動と呼ばれるものを行う事が効果的だといわれています。

逆に腕立て伏せやダンベルなどの無酸素運動と呼ばれるものは既に高血圧の人が行うと一時的に呼吸を止める事になって危険なので注意が必要です。

3:飲酒

飲酒は一時的には血圧を下げるといわれていますが、過剰に飲み続けると逆に高血圧につながりますので適度に飲む必要があります。

また高血圧以外にも心疾患を招く可能性もありますので合わせて注意が必要ですね。

4:肥満

肥満であるという事は内臓脂肪が過剰である場合が多いです。

内臓脂肪が増えると血管が硬化して弾力性を低下してしまい、高血圧を招きやすくなりますので解消する事が高血圧対策になります。

肥満も高血圧と同様に普段の食事・運動・睡眠・ストレスなどの生活習慣が大きく関係してきますので対策をする事でどちらも解消する事につながります。

5:ストレス

ストレスを受けると交感神経が活発になり、血管が収縮して血圧が上昇するのでストレスを溜め込まずに解消する事は高血圧対策になります。

このストレスというのは肉体的ストレス(寒い・暑い・疲労)と精神的ストレス(不安・恐怖・怒り)の2種類があり、いずれのストレスなのかを知る事で対策も立てやすくなります。

またストレスは高血圧以外にも心筋梗塞や脳卒中にもつながる可能性がありますので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする